子猫を迎える前の準備と飼育グッズ

 子猫を家に迎えるにあたって、子猫が快適に暮らせる環境が整っていることが前提となります。ただでさえ環境の変化でストレスを抱えていることでしょうから、以下に挙げるものはきちんと準備をしておきましょう。

子猫用のキャットフード

 猫はもともと環境の変化にストレスを抱えやすい動物であり、子猫であればなおさらです。急激に環境が変わることによって、疲れて下痢をすることもあります。環境の変化は住居の変化でもありますが、エサの変化でもあります。そのため、最初はそれまで食べていたものを与えて、少しずつ新しいものを混ぜて慣れさせていきましょう。

専用の食器

 フード用の食器と水用の食器を2つ準備しましょう。複数の子猫を迎える場合には、複数の食器が必要となります。

トイレ用品

 トイレ用品は猫用トイレとトイレ砂を準備しておきます。猫は非常にきれい好きな動物であるため、トイレが汚れているとトイレ以外の場所で用を足してしまいます。そのため、洗いやすく清潔を保ちやすいトイレを選ぶとよいでしょう。複数の子猫を迎える場合には頭数+1つのトイレを用意するようにします。
 猫は用を足した後ににおいを消そうと砂をかける習性があるので、トイレ砂も用意しておきます。最初は子猫がそれまで使っていたトイレ砂を使うのがいいでしょう。
 また、子猫のうちはトイレ以外の場所で用を足してしまうこともあるので、消臭剤も用意しておきましょう。

ベッド

 猫用のベッドを用意し、子猫が安心して過ごせる専用のものを用意してあげましょう。ただし、子猫の間だけならば段ボールやかごに毛布やバスタオルを敷いて代用してもいいでしょう。

爪とぎ器

 猫は本能的に爪をとぎます。この行為をやめさせることはできないため、壁や柱で爪をとごうとします。その場所が気に入ってしまうとそこで爪とぎを行うため、壁や柱に手をつける前に爪とぎ器で爪をとぐ習慣をつけさせましょう。

サークル

 子猫は好奇心旺盛で、家中を歩き回り、入ってはいけない場所にも構わず入っていきます。その傾向が強い場合にはサークルを使って行動範囲を制限する必要があるかもしれません。

おもちゃ

 子猫用のおもちゃは準備しておきましょう。猫はおもちゃで遊ぶことを好み、とくにひも状のものはすぐにおもちゃにしてしまいます。それが飼い主にとって大切なものである可能性もあるため、猫用のおもちゃを準備しておきましょう。これは、猫が誤っておもちゃにしたものを飲み込んでしまう危険も防ぐことができます。

キャリーバッグ

 猫を連れて外出するときにはキャリーバッグが必需品となります。動物病院などに連れて行く時には特に必要となります。キャリーバッグに慣れていない猫はキャリーバッグに入ることを嫌うため、普段から部屋にキャリーバッグを置いて出入りできるようにしておいたり、ベッド代わりにするのもいいでしょう。

お手入れ道具

 長毛種の猫を飼う場合に言えることですが、換毛期になると毛がたくさん抜け、これを放っておくと毛玉になってしまいます。そのためブラシなどのお手入れ道具は揃えておくようにしましょう。ブラシのほかにもシャンプー、爪切りなども用意しておきましょう。

首輪

 完全に室内で飼う場合でも、飼い主が目を離したすきに窓などから外に出ることもあります。室内で暮らしていた猫にとって外の世界はあまりに知らないものが多く、広く、猫はびっくりしてパニックを起こしてしまいます。そのようなときには名前を呼んでも近寄ってきませんし、道がわからなくなって迷子になることもあります。
 万が一の時のために、飼い主の名前と住所、連絡先を書いた首輪をつけておくようにしましょう。
子猫を迎える前の心構え・注意点子猫を迎える前の準備と飼育グッズ猫舎見学のマナー

ご利用案内

口コミ・評価

健康保証サービスのご案内 FIP生体保証サービスのご案内 ご成約特典 取引保証サービスのご案内
722人が「いいね!」と言っています。
あら りえ
水田雄史
澤田 福
Masahiro Suzuki
鈴木 慎史
齋藤 久美
小林 修
伊藤悦子
新着子猫お知らせメールサービス チンチラペルシャの子猫お探しコーナー

毛色から子猫を探す

チンチラペルシャの猫図鑑

優良ブリーダー募集
GeoTrust SSL認証
当サイトではSSL暗号化通信を利用することにより、入力内容の盗聴や改ざんなどを防いでいます。
みんなのペット健康専門店
みんなのペットコミュニティ ミテミテ
みんなのペットライフ
みんなのペット保険
みんなの猫図鑑

チンチラペルシャの名前ランキング

  • 男の子
    1位ハル
    2位おこげ
    3位そう
  • 女の子
    1位ルナ
    2位May
    3位こうめ
>> 名前ランキングをもっと見る