チンチラペルシャの猫図鑑

チンチラペルシャの歴史

ペルシャの中でシェーデッドカラーのうち、ゴールドまたはシルバーの毛色の猫で青または緑の目を持つ猫は、チンチラペルシャと呼ばれています。
欧米の一部の国でこの毛色のペルシャをチンチラという品種として独立させようという動きがありましたが、これを認めているのは南アフリカなどのごく一部の血統管理団体のみとなっています。

ペルシャの起源は古く、純血種の中では最古の品種の一つとされていますが、その後の交雑により様々な毛色が導入されることになりました。
ペルシャはキャットショーの歴史において最初に登場する猫種のひとつでもあり、その優雅で美しい容姿は早くから多くの熱烈な愛好家を引き寄せてきました。
そんな中、チンチラペルシャが作出されたのは、1882年のイギリスでした。ブルーのペルシャと雑種猫の交配により生まれた「チニー」を、シルバータビーのペルシャと交配させて生まれた子猫たちの中に「銀の仔羊」と名付けられたシルバースモークの毛色のオスがいました。このオス猫がチンチラペルシャの基礎となったとされています。

美しいペルシャの中でもひときわ目立つシルバースモークの猫は、輸出されたアメリカでも熱狂的な愛好家を生み出しました
愛好家たちはチンチラをペルシャから独立させようと、アメリカ最大の猫血統登録団体であるCFAに申請しましたが、ペルシャと分けるのは毛色以外の特性がないことから、CFAはこれを見送りました。その代り、キャットショーではペルシャの中でのチンチラ部門として、ショーが行われることになりました。

チンチラペルシャの特徴

チンチラペルシャはペルシャ同様、ふさふさとした豊かな長毛ですが、ペルシャよりやや毛質が軽いとされています。
短めの足、ドールフェイスと呼ばれる丸い目と低い鼻、耳のあいだが離れています。中型コビータイプで体長は短く丸い体型、体重は3.0~5.5kgが標準とされています。
ペルシャと異なる特徴として、目の色が緑または青系統であること、アイラインがより強くくっきりと描かれていることなどがあげられます。
また、毛先に入るシェード(影)の分量が、ペルシャでは毛の3分の1部分までであるのに対して、チンチラペルシャでは8分の1までともされ、ペルシャよりも明るい色合いが特徴です。

チンチラペルシャの性格

チンチラペルシャは上品で落ち着いた性格であり、マイペースでゆったりとしています。
大変静かで、発情期のオスでさえ鳴いたり騒いだりということが少ないとされています。
チンチラペルシャは活発に運動するよりはリラックスして過ごすことを好み、成猫になると遊びを要求することはめったになくなります。
しかし人間が好きであり、自立心が強いということでもなく、まさに「ほどよい距離」で暮らすのが好きな猫です。子供の相手もしますが、しつこくされれば距離を置くなどの振る舞いをします。

チンチラペルシャの飼い方

チンチラペルシャはペルシャより毛質が軽いとされていますが、長毛で被毛が厚いことは同じです。
トップコートは軽くて細い分、より絡まりやすいため、できるだけ毎日ブラッシングまたはコーミングをしてあげましょう。
抜け毛をきちんと処理しないと、身づくろいで毛を飲み込んで毛球症をおこすことがあります。
定期的なブラッシングやコーミングは、皮膚の血行の改善効果があり、アンダーコートの通気を良くして皮膚疾患を予防します。

チンチラペルシャはペルシャ同様、成猫は運動や狩りを好むタイプの猫ではありません。運動不足になりがちで太りやすい傾向がありますので、食事の量と質に気を付けてあげましょう。

チンチラペルシャの毛色

チンチラペルシャの主な毛色はシルバー、ゴールデン、ブルー、ブルーゴールデンの4種類になります。
チンチラを代表するシルバーの毛色は、アンダーコートも白くなければいけません。背中と脇腹、しっぽと頭はわずかな黒のシェイドが入ります。チンチラブルーは、黒のシェイドの代わりにブルーのシェイドが入ります。
チンチラゴールデンの場合は、アンダーコートはアプリコットまたはより明るい色でなくてはいけません。毛先のシェイドは黒が入ります。ブルーゴールデンの場合は、アンダーコートはさらに青白く明るい色であり、毛先のシェイドはブルーになります。

チンチラペルシャの気を付けたい病気

チンチラペルシャはペルシャ同様、平均寿命はやや長めで、15才から20才とされています。

多発性のう胞腎という遺伝疾患の起こりやすい猫種であり、両親のいずれかが発症していれば50%の確率で発症します。進行すると腎不全で亡くなってしまう、治療法のない病気です。

体質的に、シュウ酸カルシウムによる尿石のできやすい傾向があります。放置すると尿毒症から死に至る場合があるので、ふだんからよくお水を飲むように工夫し、おしっこの量や色には日頃からよく注意してあげましょう。

その他、遺伝的に起こりやすい疾患として、眼瞼内反症、流涙症、白内障などの眼病や、皮膚糸状菌症、脂漏性皮膚炎などの皮膚病、肥大型心筋症などの心臓病が知られています。
皮膚疾患の予防と早期発見のためにはこまめに被毛の手入れを、また眼病予防のためには涙や目やにの量に注意しこまめに拭き取ってあげるなど、日頃から十分にケアを行うことが大切です。

< チンチラペルシャのお役立ち情報一覧へ戻る

ご利用案内

口コミ・評価

サイトの便利な使い方

LINE ID連携で理想の子猫を迎えよう♪ ID連携してご成約いただくと1,000ポイントプレゼント 健康保証サービスのご案内 FIP生体保証サービスのご案内 ご成約特典 取引保証サービスのご案内
753人が「いいね!」と言っています。
山田由美子
Fuse Michiko
三浦 健二
Waka Furuichi
佐藤 忠信
半谷京子 minkwin
川田昌光
榊 潤一
チンチラペルシャの子猫お探しコーナー ブリーダーからお迎えした子猫投稿 ブリーダーアワード 2017年 上半期

毛色から子猫を探す

性別から子猫を探す

優良ブリーダー募集
GeoTrust SSL認証
当サイトではSSL暗号化通信を利用することにより、入力内容の盗聴や改ざんなどを防いでいます。
みんなのペット健康専門店
みんなのペットコミュニティ ミテミテ
みんなのペットライフ
みんなのペット保険
みんなの猫図鑑

チンチラペルシャの名前ランキング

  • 男の子
    1位ハル
    2位おこげ
    3位そう
  • 女の子
    1位ルナ
    2位May
    3位こうめ
>> 名前ランキングをもっと見る